英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§4-6--(その14) | main | ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§4-6--(その16) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§4-6--(その15)

第六章「わなから逃れるの法」、「不思議なクリスマスプレゼント」からです。関係する箇所のみ抜粋して引用します。



そしてその後もずいぶんたくさんたくさん車で平原を走ったにかかわらず、 (p.98)

but to this day, despite twenty thousand leagues over the Plains, (p.91)


この訳文を特別に問題視するわけではありません。私自身がleague に距離の単位を表す用法があるのを知らなかったので取り上げました。「リーグ《距離尺;英米では約3マイル》」(リーダーズ英和辞典)なのだそうです。


しかし、調べてみるともっと重要なことが分かりました。


twenty thousand leagues というフレーズが、ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万マイル』の英語題に出てくるのです。



日本では『海底二万マイル』という題名で広く知られているジュール・ヴェルヌの小説は、原題では"Vingt Mille Lieues Sous Les Mers"(海底二万リュー)であった。英語でも"Twenty Thousand Leagues Under the Sea"(海底二万リーグ)とそのまま訳された。日本では、リューやリーグという単位になじみがないことから当初は『海底六万哩(マイル)』と単位を換算して訳されたが、これと原題とが混同されて『海底二万マイル』という題名が広まった。
 (Wikipediaリーグ(単位)より)


とのことです。つまり、twenty thousand leagues over the Plains というフレーズは『海底二万マイル』のタイトル、すなわち"Twenty Thousand Leagues Under the Sea" をもじったパロディーになっているのです。


そんな意味も込めて、こうしました。



だが、平原二万マイルを走り回った今になっても、



日本語訳:コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 原文:Secrets of Consulting: A Guide to Giving and Getting Advice Successfully (Amazon.co.jp)


| もう少し磨きたい表現 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/88
トラックバック
【海底二万リーグ】について
海底二万リーグ『海底二万リーグ』(Vingt mille lieues sous les mers、1870年)は、ジュール・ヴェルヌの古典的なSF冒険小説である。邦訳は、『海底二万海里』、『海底二万リュー』、『海底二万マイル』とも訳される。出版されたのは、1870年である。オリジナル版には
| ヒーロー大集合!! | 2007/02/23 1:49 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode