英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< 欧米か!>翻訳ツール | main | ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)

■はじめに


以前より私が一度したかったことに、訳書と原書を1冊まるごと比較対照する、があります。ようやくやる気が出たので、対象の1冊にG.M.ワインバーグの『コンサルタントの秘密』(共立出版)を選びました。生き方の指針にもなるようないい内容の本であることと、その反面、「奇妙コーク」とか、ところどころへんてこりんな訳が見られることから、前から候補には考えていたものです。


例えばストレンジクォーク(strange quark)が「奇妙コーク」になっているぐらいのことでは大した実害はありませんから、「候補」のままで終わっていたのですが、これが「当選」となったのは、偶然、次の訳に対応する原文を知ったためです。正直「そりゃないよ」と思いました。


みんなを信頼して、でもカードは切るんだ。 (p.154)

さて、読み通すだけなら何日もかからない分量の本ですが、あれこれ検証するとなるとそれなりの量になりますので、頭から数章単位に分けて進めることにします。上の訳も、該当の章が来たところであらためて原文と並べて取り上げます。


■誤訳はどこで、なぜ生まれるか?


今シリーズのサブテーマは「誤訳を生むメカニズムを解き明かす」です。堅い(そして空疎な)言い方をするなら、「再発防止への取り組みに向けたケーススタディ」です。完璧な人などいません。ですから極言すれば、完璧な翻訳などありえません。しかしなぜ間違うのか、間違い方のパターンを知るのは、完璧になれなくとも、それでもなお完璧な翻訳を目指すうえで十分に有益だと、そう思います。


前置きが長くなりました。第一章から入っていきます。今後注記は割愛しますが、付記するページ番号は、訳文のものは訳書、原文は原書のものです。


■第一章「コンサルタント業はなぜ大変か」


著者ワインバーグ氏のスピーチ中にたとえ話として登場する、2人の男が山にクマ狩りに出かけた時のエピソードからです。

小屋に着いたときにはもう遅かったので、彼らは最初の晩をクマの在庫を減らすのに費やしました。 (p.3)

「クマの在庫を減らす」とは何のことだか分かりませんでした。けれども原文の対応箇所を読むと、きわめて意味明瞭でした。(下線はやしろ)


It was too late to hunt when they reached their cabin, so they spent the first evening reducing their beer inventory. (p.4)


クマ狩り(bear hunt)の話題だったので、bear と早合点したのでしょう。要するに、その晩は狩りはせずに飲んで終わったわけですね。こう直します。



小屋に着いたときにはもう遅かったので、2人はひと晩、小屋のビールをしこたま飲んで過ごしました。



いまどき「ピザと10回言ってみて」(ピザピザ…)「(肘を指して)ここは?」といった「10回クイズ」に引っかかる人はいないでしょうが(出す人もいないでしょうが…)、翻訳者の中には、ひっかかる人がいそうです。話題が一度ある方向に向いてしまうと、その状況下では似た綴りの単語を読み分ける注意力が下がることがあるみたいですね。



著作権が有効な出版物ですから訳・原文ともにWeb上にはありません。代わりにAmazon.co.jp へのリンクを貼っておきます。


日本語訳:コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 原文:Secrets of Consulting: A Guide to Giving and Getting Advice Successfully

| 意味の通じない日本語 | 15:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:50 | - | - |
コメント
奇妙なクオークで笑いました。原文訳本とも読んでいないので、想像で笑っています。
きっと量子力学でいうクオークの中のストレンジネスか、その元になった、フェネガンズウエイクに、何か引っ掛けてあるのでしょうか。
| negentropy | 2007/01/15 9:44 PM |
negentropy様
コメントありがとうございます。
ご想像どおり、「奇妙コーク」に対応する原文の語句は、strange quark です。
訳書の初版刊行が1990年なんですが、それでも当時既にquark は「クォーク」だったはずなんですけどね…
| やしろ | 2007/01/15 10:57 PM |
クマ(bear)とビール(beer)は
勘違いによる誤訳というよりは
オヤジギャグの訳し方そのものの問題な気がします。
「ジョッキ片手に過去の武勇譚を語り合った」
というのが本来のニュアンスではないでしょうか?
| | 2010/05/10 1:44 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/07/13 6:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/62
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode