英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< 点も打ちよで―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 8(その17:End) | main | 支援を受ける用意―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 9(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
支援を与える用意―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 9(その1)

Chapter 9「支援関係における7つの原則とコツ」に入ります。原書でのタイトルは「Principles and Tips」です。本書の最後の章です。


「支援を与える用意」から4つです。(下線はやしろ)


1つめです。


現在の状況が急に支援を必要とするものになったり、少なくとも支援を選択肢に入れなければならなくなったりしたとき、支援を受けたり提供したりする準備をしておくのは、社会教育の一部なのだ。 (p.231)
It is part of our social training to be prepared to help and to offer help when the ongoing situation suddenly makes helping an imperative or at least an option. (p.145)

「支援を行う準備をしておき、申し出ることは」ぐらいですね。to+不定詞の区切りはこうでしょう。
It is … training
(1)to be prepared to help
and
(2)to offer help
when …


そもそも、ここの主題は支援を「与える用意」なのですから、少なくとも「受けたり」となるのはおかしいです。



2つめです。


人の役に立ちたいと思えば、心の中に葛藤が生じるに違いないし、支援しないという選択をする場合もあるかもしれない。 (p.232)
If we want to be helpful we must be aware of the internal conflicts that may arise, and that sometimes we may choose not to help. (p.145)

must は命令の意味、may は許可の意味に取る方がいいと思います。


後半ですが、that が付いていますので、これもbe aware の内容です。


こうしました。


人の役に立ちたいと思えば、心の中に生じる葛藤を意識しなければならず、また、時には支援しないという選択をしてもいいことを知っておかなければならない。



3つめです。車を運転しているとき、こちらの車線に入りたい車があるときの態度からです。


二 私の前の車との距離を詰めて、その車が入れる余地をなくす (p.232)
2) choose not to create space by keeping close to the car in front of me, … (pp.145-146)

性格の悪い方へレベルアップしていますが、訳者の方の運転が反映されているのでしょうか。本当は、こうですね。


二 私の前の車との距離を詰めたまま、その車が入るスペースを作らないことにする



4つめです。


 ホームレスやさまざまな種類の寄付依頼者に関しても、同様の選択が行われている。私は何かを与えてもいいし、話には耳を傾けても何も与えないことにしてもいい。 (p.233)

「行われている。」までの原文です。


A similar set of choices exists with respect to beggars and solicitors of various sorts. (p.146)

訳語がどちらもいまいちです。beggar は「乞食」を避けて「ホームレス」としたのかもしれませんが、両者は別のものです。個人的な経験を言っても、beggar であるホームレスを見たことはありません。もう少しソフトにして「物乞い」とします。


solicitor も、「One that solicits, especially one that seeks trade or contributions.(solicit する人。特に、取引や寄付を求める人。)」(American Heritage)ですし、「さまざまな種類の」ともなっていますから、特に寄付と限定しなくていいように思います。「勧誘者」ぐらいでしょうか。



日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


| 原文解釈の誤り | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:26 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/552
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode