英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< 少しずついまいち2―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 1(その8:End) | main | 推敲途中?―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東京スカイツリーの問題点

気がつくと、建設中の新東京タワーがずいぶんな高さになっています。www.tokyo-skytree.jp を見ますと、3月20日時点での高さは328メートルだそうですから、"本家"の東京タワーの高さを超えるのも間もなくです。また、同サイトの情報によれば、タワーは2011年12月に竣工、2012年春には開業予定で、最高高さは634メートルになるとのことです。この高さは「武蔵」の語呂合わせにもなっているのだとか。


さて「東京スカイツリー」という名称の新タワーですが、私にはひとつ、心配ごとがあります。それは、本当に「ツリー」なのか、です。



■tree って辞書で引いてみた

英英辞典のオンライン辞書であるDictionary.com でtree を引くと、こう書かれています(下線はやしろ)。


まず、Random House Dictionary です。

a plant having a permanently woody main stem or trunk, ordinarily growing to a considerable height, and usually developing branches at some distance from the ground.
(恒久的な堅い繊維質の茎または幹を有する植物。通常は相当の高さに生長し、地面からある程度離れたところで枝を広げる。)

同じページのAmerican Heritage ではこうです。


A perennial woody plant having a main trunk and usually a distinct crown.
(1本の幹と通常は明確に認められる樹冠を持つ、多年生の堅い繊維質の植物。)

usually なのでむろん例外はあるのでしょうが、branches やcrown は付きもののように思えます。


タワーは建造物であり植物ではありませんから、厳密に当てはまる語義としては次項のこちらの方が妥当でしょう。


Something, such as a clothes tree, that resembles a tree in form.
(コート・帽子掛けなどの、形が木に似ているもの)


clothes tree というのは、画像検索で見るとこういうもののようです。clothes tree
(画像はwww.nolita.nl より)



用語について補足しておきます。「樹冠」とは

樹木の上部の、枝・葉の茂っている部分。(kotobank.jp >デジタル大辞泉)

で、植物に関してcrown を使うときは、

the leaves and living branches of a tree. (木の葉および生枝)(Dictionary.com)

の意味になるようです。



■tree に見えないツリー

ところが、www.tokyo-skytree.jp にあるタワーの完成予想図を見ても、どれがbranch やcrown に相当するかがはっきりしません。
新タワー完成予想図


展望台部分の張り出しが辛うじて樹冠に見えなくもないですが、やや苦しいです。この形は、ツリーだと認められるのでしょうか。英語を母語とする(または、母語並みに扱える)外国人観光客が「日本人にはこれがtree なのか」と誤解しなければいいのですが。



■そもそもツリーとは

「樹形図」「ツリー構造」「デシジョンツリー」などの言葉から考えても、ツリーとは枝分かれありきの概念ではないかと思うのです。


実際に、学習者用の辞書になると、

a tall plant which has a wooden trunk and branches that grow from its upper part (堅い繊維質の幹とその上部から生える枝を有する、背の高い植物。)(CALD)

と、例外は考慮しない書き方になっています。「ざっくり理解する」にはこれでいいということなのでしょう。



■実は予想外だった?

完全な邪推です。


新タワーの名称は、2008年に6つの候補の中から一般投票により決定されました。http://www.tokyo-skytree.jp/news/2008/06/11.html のリンク先のPDF文書に、投票結果がまとめられています。転載しますと、候補名称は次のとおりでした。(かっこ内の数字は得票数)


  • 東京スカイツリー (32,699)
  • 東京EDOタワー (31,185)
  • ライジングタワー (15,539)
  • みらいタワー (13,915)
  • ゆめみやぐら (9,942)
  • ライジングイーストタワー (6,426)

「こんなのも出しとこう」と“にぎやかし”で出した案が意外にも票を集めたのか、それとも「ツリー」を勝たせるため、あえて「タワー」の候補を多く出して票を分散させる策略だったのか、裏の意図や事情までは私に読めません。


ただ、新タワーを中心とした業平橋・押上地区の再開発プロジェクトの名称は、いまだに「Rising East Project」です。事業主体のほうは新タワーの名称決定を機に「新東京タワー株式会社」から「東武タワースカイツリー株式会社」に変わったにもかかわらず、です。そのあたり、どこか「ライジング」に未練が残るフシを感じないでもないです。



■姑息な?対策

上記の問題を意識してかどうかは知りませんが、東京スカイツリーのロゴマークは、あこぎにも?塔体の周囲にさまざまな色のドットを配して「樹冠」を作り、「ツリー」らしく仕上げられています。
スカイツリーロゴ
(www.tokyo-skytree.jp バナー画像より)



■抜本的対策の提言?

建設中の東京スカイツリーの写真を撮ってきました。
建設中の東京スカイツリー
(2010年3月27日撮影)


てっぺんに3基のクレーンが載って腕を広げているさまは、tree の名に恥じないものです。ツリーと呼ばれたいなら、いっそこの姿で止めた方が、「名は体を表す」になっています。


てっぺんに、とは言わずとも、完成後も小型のクレーンを残して「枝を茂らせて」おくのも、名称相応の体にする一案かもしれません。


| 雑録 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 15:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/442
トラックバック
スカイツリー 完成予定 ブログ
psychedelic nostalgic town: 浅草 新仲見世【HDR】 写真は新仲見世と仲見世が交差する箇所ですが、建設途中のスカイツリーが見えるのです。現状ではなんとなく絵になりますが、完成後はタワーの途中が見える感じになるのでしょうね。 関連記事 浅草 アーケードの無い新
| 東京スカイツリー スカイツリー最新情報 | 2010/06/22 6:22 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode