英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< 固有名詞はいつも厄介―『人を助けるとはどういうことか』まえがき(その6:End) | main | あなたの為だから―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 1(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
よくある語義の取り違え例―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 1(その1)

Chapter 1「人を助けるとはどういうことか」に入ります。ちなみに原書の章タイトルは「What Is Help?」です。


本書の誤訳の2大特徴の1つ、「語義の取り違え」をしている具体例です。(下線はやしろ)


組織であるクライアントに関わるとき、物事の内容よりもプロセスに、または何がなされるかではなく、どのようになされるかに注目したほうが、うまくいくのはなぜだろうか。 (p.022)

どこを取り違えているか、察しのいい方なら既にお分かりかもしれません。以下、対応する原文です。


When I am with organizational clients, why does it work better to focus on process rather than content, or how things are done rather than what is done? (p.1)

上の訳は、or の語義を取り違えています。



■「ビーフ or チキン」か「ビーフ or 牛肉」か

たとえば誰かに「ビーフ or チキン?」じゃなく「ビーフ or 牛肉?」と聞かれたとします。漫才かコントならここで「同じじゃねーか」とつっこむところですが、「ビーフ or 牛肉?」も英語の語法としては間違っていません。


というわけで(どういうわけだ)、上の引用でのor は「ビーフ or チキン」ではなくて、「ビーフ or 牛肉」パターンの方です。なので「または」は間違いです。前後を読み比べれば分かりますが、or 以降は、カンマ直前のprocess rather than content を言い換えたものですから、別々のものではなくて、言い方が違うだけの同じものです。


ちなみに個人の経験則で言うと、カンマ付きのor は「ビーフ or 牛肉」パターンであるケースが多いように思います。むろんカンマの有無で自動的にor の意味が決まるわけではないので、上で引用した話とは逆に、最終的には内容に注目しなければいけません。


or に対応する訳語は「すなわち」としておきます。



■よくある間違いだが…

本書に限った話ではありませんが、「ビーフ or 牛肉」パターンを「ビーフ、または牛肉」のように訳す間違いは、よく見られます。逆に、「ビーフ or チキン」パターンの原文を取り違えて「ビーフ、すなわちチキン」のように訳す間違いも、たまにですがあります。



単なる読書のときでも、英文からの翻訳書を読むと「これってor の訳し間違いでは?」と疑ってしまうことがよくあります。なので私は、「または」に代表される、原文がor だと思われる語句が出てくると、本当に「または」で整合が取れているか、前後の語句を比べて確かめる癖がついてしまいました。本来それは、訳す人がやらないといけないんですけどね。



日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


| 微妙に不正確 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/434
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode