英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< 学生のための…(後日談)+次回予告 | main | マッカーサー「老兵は死なず」--(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マッカーサー「老兵は死なず」--(その1)

■はじめに


先月のことです。「本誌記者が全訳に挑む『マッカーサー証言録』番外編■帰米演説『老兵は死なず』」の広告の文句につられて、はじめて雑誌「正論」を買いました。どんなふうに訳しているか、興味を覚えたからです。


この演説のmp3ファイルは、American Rhetoric.comTop 100 Speeches of the 20th Centry から入手できます。私的な話ですが、1年以上前にこの演説を含む何ファイルかをダウンロードして、今でもときどき通勤時に聴いています。と言っても実態は聞き流しで内容が全然頭に入っていないので、この機会に一度きちんと訳と照らして原文を読んでみようかと思ったのも動機の一つです。


今回、上記サイトのFarewell Address to Congress (議会での退任演説)にあるテキストを、英文の原文として読み比べてみました。


読み比べてみて、確かに「全訳に挑む」の看板に偽りはなかったな、というのが端的な感想です。単に「挑んだ」だけであって、全部は訳せていませんから。


というわけで、「訳せていない度」がはなはだしかったところを、これからシリーズで取り上げます。



 問題は世界的な規模であり、しかも相互に連動しています。一面だけをみて他を考えないことは、思わぬところで連動し、結果として全体を危うくすることにつながります。


私が問題にするのは後半の文章です。「思わぬところで連動」するのは、何なんでしょう? 記者の基準で、この文章は日本語として「あり」なんでしょうか? 翻訳以前の話として、まずそう問いたいひどさです。


対応する原文です。



The issues are global and so interlocked that to consider the problems of one sector, oblivious to those of another, is but to court disaster for the whole.


「思わぬところで連動し」に対応する箇所は原文にはありません。5語目のand 以下は、so…that 〜構文になっていて論理関係も明確ですから、意味不明で逆効果の補足をしなくても、そのまま訳せば十分に意味の伝わる文章です。


2つの文章に分けて訳す形を踏襲するなら、こんなところでしょうか。



問題は世界的な規模であり、しかも相互に連動しています。ですから、問題の別の一面には目を向けずに、ある一面のみをとらえて考慮することは、全体に災いを招くことにほかならないのです。



あとに続く演説の内容からすると、one sector というのはアジア、another はヨーロッパを想定しての言明だと考えます。これからアジア中心に述べるけれども、決して世界的規模の問題の一面だけをとらえて言っているわけではないんだよと、最初にことわっているわけですね。



日本語訳:「正論」2006年12月号 原文へのリンク


■補足


Web「正論」を見ると、この日本語訳が掲載されていました。いつまで有効かは分かりませんが、リンクしておきます。


| 意味の通じない日本語 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:25 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/41
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode