英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< 訳されていない語句5つ―『天才!』第4章(その10:End) | main | ノーモア誤訳―『天才!』第5章(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人生いろいろ人間関係いろいろ―『天才!』第5章(その1)

第五章「ジョー・フロムの三つの教訓」に入ります。2つあります。(下線はやしろ)



1つめ、ロースクール時代のジョー・フロムが卒業後の就職先を探していたくだりからです。


面接の間じゅう、法律事務所の弁護士たちはクライアントのいない法律事務所のリスクについて説明した。話を聞けば聞くほど、その弁護士たちが好きになった。だからこう思った。ええい、一か八かやってみようじゃないかって。 (p.135)

下線部に対応する原文です。


So I said, What the hell, I'll take a chance. (p.118)


動詞がsaid なので、実際に口に出したと取るべきでしょうね。こうしてみました。


だから言ってやった。かまやしない、やってやろうじゃないかって。



2つめ、そうしてフロムが入ることになった法律事務所についてです。


 当初はマーシャル・スキャデンと、ウォールストリートの大手法律事務所でパートナーになる要求を断られたばかりのレスリー・アープス、そしてパンナム航空を辞めたジョン・スレートの三人だった。そこへフロムが加わったのだ。 (p.134)

In the beginning, it was just Marshall Skadden, Leslie Arps--both of whom had just been turned down for partner at a major Wall Street law firm--and John Slate, who had worked for Pan Am airlines. Flom was their associate. (p.118)


both of whom となっているので、断られたのはスキャデン、アープスの両方ですね。


あと、細かい話ですがついでに。「辞めた」(ただし雇用被雇用の関係ではなかったでしょうから、厳密には「提携契約の解消」といったところでしょう)というのは事実でしょうけれども、「辞めた」誰それ、というと、辞めてすぐ事務所に移ってきたような印象を持ちます。実際にそうだったかもしれませんが、本書を読む限りスレートがパンナムを辞めてからこの事務所に入るまでどれぐらいの期間があるか定かでないので、「パンナム航空の弁護士だった」ぐらいの方が無難かと思います。


以上をふまえ、最初の文をこうしました。


 当初は、ともにウォールストリートの大手法律事務所のパートナーになる要求を断られたばかりのマーシャル・スキャデンとレスリー・アープス、そしてパンナム航空の弁護士だったジョン・スレートの三人だけだった。



日本語訳:天才! 成功する人々の法則 原文:Outliers (Amazon.co.jp)


| 微妙に不正確 | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/367
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode