英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
<< on a fixed schedule ≠ 修正したスケジュールに関して | main | のろしと毛布―『天才!』第3章(その2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
のっけから細かくてすみません―『天才!』第3章(その1)

第三章「天才の問題点 その一」に入ります。残念なことに?、この章は誤りの数も“大物”も少ないので、最初からまとめていきます。全部で6つです。(下線はやしろ)



1つめ、スタンフォード大学の心理学教授だったルイス・ターマンに関する記述からです。


五〇年にわたって数百万人が受けることになるスタンフォードのIQテスト、スタンフォード・ビネー検査は彼が作成したものだ。 (p.84)

… the standard IQ test that millions of people around the world would take during the following fifty years, the Stanford-Binet, was his creation.  (p.73)

「標準IQテスト」ですね。久しぶりに10回クイズに引っかかったパターンが出ました。



2つめです。


 私が魔法を使ってあなたのIQを三〇パーセント上げましょう、と言ったら、あなたは「お願いします」と答える――だってそうだろう? (p.86)

If I had magical powers and offered to raise your IQ by 30 points, you'd say yes--right? (p.76)

三〇「ポイント」ですね。次の行に出てくる「三〇パーセント」も同様です。両者を混同してしまっているのでしょうか。


パーセントだと原文と条件が変わってしまいます。具体的な数値で違いを示すと、こうなります。


  • 30ポイント 上げる:IQ 80→110、100→130、120→150
  • 30パーセント上げる:IQ 80→104、100→130、120→156

相対的にIQの低い人の方が有利である条件を、わざわざ逆転させることはありません。



3つめです。


ノーベル科学賞を取るような人間は、… (p.91)

Nobel Prize winners in science … (p.80)

ノーベル科学賞という賞はありません。「自然科学分野でノーベル賞を取るような人間は」というところでしょう。



4つめ、近年のアメリカ人ノーベル化学賞受賞者25人の出身大学リストからです。前後のところだけ抜き出します。


オーグスバーグ大学
マサチューセッツ工科大学
ワシントン州立大学 (p.95)

Augsburg College
University of Massachusetts
Washington State University (p.82)

「マサチューセッツ大学」ですね。ボストン市内にある唯一の公立大学だそうです。ちなみに、MIT(マサチューセッツ工科大学)は私立大学です。


本書に載っていた医学賞、化学賞のアメリカ人受賞者各25名の2リストに限れば、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が同数で1位(3名)なのが、この記載ミスがあるため後者が上回ってしまいます。脚注の「ハーバード大学が、他の大学よりも多くのノーベル賞受賞者を輩出していることは事実」という記述は、受賞者全体での話なんでしょうけれども、そこが生きてきません。



5つめ、イギリスのある男子高校生による、毛布の使い方の回答例からです。


森で不純異性行為をするとき、見つからないよう覆って隠す。 (p.101)

As a cover for illicit sex in the woods. (p.87)

「不純異性交遊」から派生したのだろうと推測はできますが、こんな言葉、初めて見ました。不純「異性行為」とは意味不明です。検索してみるとけっこうな件数ヒットしましたが、正直に言って、あまり程度のいいページは見当たりません。


原文はillicit sex です。警察の統計分類の用語を使いたいなら「不健全性的行為」ですが、ここは「セックス」でいいかと思います。イギリス人の性的規範がどういうものか想像しかねるので自分の基準で言ってしまいますが、第三者に見つかってしまえば、成人であろうと夫婦であろうとillicit でしょうから。



6つめ、レンガの使い方の、別の生徒の回答例です。


気球の砂袋の代わり。 (p.101)

ballast, (p.88)

気球に限定することもないので「船・気球の重り代わり。」か、単に「バラスト。」でいいと思います。


ついでに、訳では直前の回答が1個抜けているので指摘しておきます。


抽象彫刻の一部に使う。 ★ 気球の砂袋の代わり。 (p.101)

対応する原文です。★印に下線部が入ります。


…as part of abstract sculpture, cosh, ballast, … (p.88)

「棍棒の代わり。」ぐらいでしょうか。



ほかは次回以降に回します。



日本語訳:天才! 成功する人々の法則 原文:Outliers (Amazon.co.jp)


| 微妙に不正確 | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://goyaku.jugem.jp/trackback/353
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode