英日 誤訳どんぶり

英語から日本語への誤訳あれこれ 「人の訳見てわが訳直せ」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
訳されていない文・語句―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 7(その17:End)

最後に、Chapter 7で訳されていない文と語句を取り上げます。2つあります。


1つめ、章末の「まとめ」からです。(下線はやしろ)


目標に向けた進歩を評価するために、グループのメンバーは、直接の交流の基準が互いの関係を損なうことなく、地位や階級を超えたフィードバックが可能になる状況を作り出すべきだ。 (p.205)
To assess progress toward the goals, the group members need to create situations in which the norms of face-to-face interaction can be altered to allow feedback across status and rank lines without damaging the relationships. (p.127)

下線部の意味が抜けています。ついでに、「直接の交流の基準」というのが分かりにくいので見直します。face-to-face はそのまま「顔」が見える訳にした方が趣旨が伝わりやすいかと思います。


全体にこうしてみました。


目標への進捗を評価するために、グループのメンバーは面と向かって意思疎通するときの規範を作り変えて、互いの関係を損なわずに地位や階級を超えたフィードバックが行える状況を作り出す必要がある。


言わば“無礼講”の場面を作って“忌憚のない意見”を出し合わなければいけないということですね。といっても世間では、そう標榜している場面でも実際はそうでないこともままあるのでややこしいのですが。余談でした。



2つめです。少し戻ったページからです。


こうした活動を行えば、チームとしての行動を起こす前に、メンバーが互いに顔見知りになる機会が得られる。 ★ 公式に役割を割り当てたところでうまくいかない。 (p.184)

★印に入る文です。


Groups that fail usually attempt to do their jobs before role relations have been worked out to some degree. (p.112)

試訳です。


うまくいかないグループは、たいていが役割の関係をいささかも考慮しないうちから職務を行おうとする。



Chapter 7は以上です。


出典


日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則
人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 
原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help
Helping: How to Offer, Give, and Receive Help
(翻訳 金井真弓 監訳 金井壽宏 |原文 Edgar H.Schein)


|  訳されていない文、語句 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
余計なもの足りないもの―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 4(その14)

引き続き、医師の役割に関する記述からです。(下線はやしろ)


1つめです。


 医師としての役割を演じるタイミングを決める上で最も問題となるのは、この役割がより強力な立場に移行できるほどの信頼がいつ築かれたかを、どのようにして知るか、あるいは感じるかということだ。 (p.108)
The ultimate problem in deciding when to go into the doctor role is how to know or sense when enough trust has been built up to permit moving into this more powerful position. (p.61)

「this more powerful position」=「the doctor role」なので、「役割が」は余計です。何に対してのmore powerful かというと、「役割1」の専門家の役割よりも、という話です。



2つめ、上の続きです。


さらに、クライアントが、いつ実際の権力や地位の違いを適切で公正なものだと認めたりするのかを悟ることも欠かせない。 (p.108)
In turn, that depends upon sensing when the relationship feels equitable to the client, or when the actual power or status differential is perceived by the client to be appropriate, and fair. (p.61)

, or 以降で同趣旨のことを言い直しているので文意は通じますが、原文下線部が抜けています。全体をこうしてみました。


同じく、クライアントにとっていつ関係が公平であると感じるか、つまり、クライアントがいつ実際の権力や地位の違いを適切で公正なものだと認めるか、この点を察知することにも左右される。



日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
言葉足らず―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 4(その5)

「クライアントが知らない五つのこと」5つめ、「支援を受け入れると金銭面や感情面、また社会的な面でどれだけの代価を払うことになるだろうか」からです。(下線はやしろ)


支援者の課題は、関連する情報をうまく循環させることである。 (p.097)
The helper's challenge is to choose a role which will facilitate the flow of relevant information. (p.53)

原文下線部の意味が抜けています。こうですね。


支援者の課題は、関連する情報をうまく循環させるような役割を選び取ることである。



と結んで、次のセクション「役割を選択する」に続いています。


日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
訳されていない文・語句―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 4(その4)

「クライアントが知らない五つのこと」4つめ、「クライアントとして、私は提案されたことを実行できるだろうか」から、訳されていない文・語句です。2つあります。(下線はやしろ)


1つめです。


もう一度、話を繰り返してほしいと頼もうか、それとも話をメモするべきか。そんなことをすれば、さらに時間がかかるのではないか。 ★ 善意から出てはいるが、自分が理解や実行ができる範囲を超えた支援にどう応えればいいのだろう。 (p.096)

★印に入る文です。


Do I request to see a map when I cannot understand directions? (p.52)

試訳です。


道順が理解できないときは、地図を見たいと要求しようか。



2つめです。


 私は義理の息子から、新しい携帯電話の使い方を教わったことがある。彼は電話を手に取ると、「メニュー」ボタンを押し、 ★ 「住所」の項目まで画面をスクロールして、真ん中の黒いバーを押すと現れた項目を調べて私が探していた名前を見つけると、緑色のバーを押した。すると、電話がかかった。 (p.096)

★印前後の原文です。下線部が訳されていない語句です。


…, so he held it in his hand and hit "menu," scrolled down to "address" (which was one of eight choices), hit the center black bar, looked at the list of items which came up, … (p.52)

試訳です。


(八つの項目の一つであった)



■余談:電話に住所

携帯電話に「住所」を登録する人なんているのかしらん、と怪訝に思って試しに家人に聞いたら、互いの実家など何件か登録していました。



日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
訳されていない文ほか―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 3(その2)

「支援を求める立場=ワンダウン」から、2つです。(下線はやしろ)


1つめは訳されていない文です。

米国の文化ではこんな警句をよく耳にする。「真の男は道など尋ねない。自分の力で見つけ出す」。 ★ コンサルタントに相談などすれば、自分の問題を自力で解決できないと見なされる。 (p.064)

★印に入る文です。

Seeing a psychiatrist for emotional problems is often viewed as something to be hidden. (p.32)

試訳です。


感情面の問題で精神科にかかるのは、隠すべきことだと思われるのが常だ。



2つめ、上の引用に続く文です。


こうした文化の中で、米国人は典型的な例だろう。支援を求めることが屈辱だという感情は、さまざまな種類の手伝いを利用していることを認めたがらないとか、宣伝したがらないという点にも表れている。 (pp.064-065)
In these kinds of cultures, the U.S. being a prime example, the stigma of needing help also shows up in the reluctance to admit or advertise that one uses servants of various sorts. (p.32)

米国人ではなく、「米国」ですね。原文下線部が分詞句で、the U.S. がbeing の意味上の主語ですから、前半はこんなところでしょう。


米国がその代表例だが、こうした文化の中では、支援を必要としていることへの悪いイメージは、さまざまな種類の…



日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)

「信頼の二つの要素」からです。(下線はやしろ)


そして、このようなテストや反応を何度も繰り返すことによって、いずれはもっと親密な人間関係を築くのである。 (p.046)
And it is through cycles of this kind of testing and response that we build what we eventually call a more intimate relationship. (p.18)

「いわゆる」に相当するwhat we call の意味が抜けています。eventually と組み合わせるのが難しいですが、こうしました。


そして、「より親密な人間関係」と最終的に呼びならわしているものをわれわれが築くのは、このようなテストや反応を何度も繰り返すことによってなのである。


全体もIt is 〜 that …の強調構文なので、訳し方もそれ風にしてみました。もう少しなんとかなりそうな気もしますが、この辺にしておきます。



日本語訳:人を助けるとはどういうことか 本当の「協力関係」をつくる7つの原則 原文:Helping: How to Offer, Give, and Receive Help (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 09:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
訳されていない文、語句―『天才!』エピローグ(その5)

エピローグで訳されていない箇所です。★印のところです。4つあります。(下線はやしろ)



1つめです。


校舎はその隣にあり、 ★ 細長い、ひと部屋だけの高床式の建物だった。 (p.305)

下線部が★印に入る語句です。


The schoolhouse was next door, a long, single-room barn of a building raised on concrete stilts. (p.270)

こう補ってみました。


コンクリートの柱で建てた



2つめです。


公立小学校の卒業生を対象に、 ★ 毎年、島全体で奨学金がたったひとりに与えられ、その年の成績が島でいちばんの男子と女子が交互に奨学金を受け取った。 (p.310)

下線部が★印に入る語句です。


It was reserved for the graduates of public elementary schools, and, in a measure of how deeply British felt about honoring the memory of abolition, there was a total of one Cenetary scholarship awarded every year for the whole island, with the prize going to the top girl and the top boy in alternating years. (p.275)

試訳です。


英国国民が奴隷制廃止を大いに誇りに感じているあかしとして、



3つめです。


田舎の教師に融資してくれる銀行もない。 ★ 
 では祖母はどうしたのか? (p.310)

★印に入る文です。


"If I'd asked my father," my mother says, "he would have replied, 'We have no money.'" (p.275)

試訳です。


「父に訊ねたとしたら、『お金がないんだ』と答えたでしょうね」と母は言う。



4つめです。


そして事実、ゲイツは本当に運もよかった。 ★ (p.322)

★印に入る文です。


The Mother's Club of Lakeside Academy bought him a computer in 1968. (p.285)

試訳です。


1968年に、レイクサイド校の母親会は彼にコンピュータを買い与えたのだから。



日本語訳:天才! 成功する人々の法則 原文:Outliers (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
つまらないところですが―『天才!』第8章(その9)

第八章で訳されていない語句です。1つだけです。(下線はやしろ)


数字を二倍にするたびに、★ y軸に近づく。 (p.276)

下線部が★印に入る語句です。


Every time you double the number, you get halfway to the y axis. (p.243)

補うなら「半分だけ」というところでしょうか。



その他つまらない間違い2つです。


夏の日差しで水温が熱くなり過ぎないように、… (p.258)

熱くなるのは「水」です。水温なら「高く」です。個人的には「水温が上がり過ぎないように」がいちばん綺麗かなと思います。



脚注からです。


なぜなら中国はTMISSに参加していないからだ。 (p.283)

「TIMSS」ですね。原書p.28にもあるように、the Trends in International Mathematics and Science Study の略です。



日本語訳:天才! 成功する人々の法則 原文:Outliers (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
訳されていない語句2+α―『天才!』第7章(その12)

引き続き、第七章で原文が訳されていない箇所です。★印で示します。そのまま挿入しても収まりが悪く感じて前後も手を入れたくなった2つについて、記事を分けました。



1つめです。


このような発言は、 ★ ある国民をひと括りにして「こうだ」と決めつけるステレオタイプ化に聞こえかねないからだ。 (p.230)

下線部が★印に入る語句です。


…, because he was about to make the kind of cultural generalization that often leaves us uncomfortable. (p.202)

元の訳のトーンと原文の内容のバランスを取って、文全体をこうしました。


このような発言は、ある意味で文化的なステレオタイプ化であり、人を不快にさせるようなものに受け取られかねないからだ。



2つめです。


パイロットが操縦室に座って ★ チェックリストに目を通すとき、それは英語で書かれている。 (p.249)

下線部が★印に入る語句です。


When the pilots sat in the cockpit and worked their way through the written checklists that flight crews follow on every significant point of procedure, those checklists were in English. (p.218)

前半も若干不正確です。work 〜 through なので、「目を通す」だけでなく手も動かしていますね。抜けがなければ許容範囲にしていましたが、ついでにそこを直して、全体を2文に分けてこう整えました。


パイロットが操縦室に座り、手順の要点すべてでチェックリストに従って運行を行う。そのときのチェックリストは英語で書かれていた。



■+α:こういうこともやるんだね

だからどうだというのは特にありませんが、へーこういうこともやるんだと思ったので記録しておきます。


次の部分は、改変されて文章の順番が一部入れ替わっています。前後を含めて引用します。


『無理だ。一〇分以内に着陸させてくれ』。だが、そう伝えられなかった。いいかい、アメリカ人の機長なら我慢しない。そこにこの事故の問題がある。アメリカ人なら管制官にこう言うだろう。『いいから聞け。着陸しなきゃならんのだ』
 ここでラトワッテが慎重な話しぶりになった。 (p.230)


下線を引いたところに相当する文章は、原書ではセクションの末尾に書かれています。訳で言うとこの箇所の後ろです。


 操縦室ではもっと深い問題、すなわち、もっと構造的な問題が起きていた。
 もし、彼らが爛灰蹈鵐咼⊃佑任△襪海鉢瓩事故を招いたのだとしたら? (p.230)


日本語訳:天才! 成功する人々の法則 原文:Outliers (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
訳されていない語句1―『天才!』第7章(その11)

第七章で原文が訳されていないところです。★印のところです。全部で10あります。



1つめです。


 この事故の約二〇年前、一九七八年に大韓航空ボーイング七〇七型機がソ連領空を侵犯し、★ ソ連防空軍の迎撃戦闘機に銃撃され、不時着した(大韓航空機銃撃事件)。 (p.203)

下線部が★印に入る語句です。


Twenty years before the crash of KAL 801, a Korean Air Boeing 707 wandered into Russian airspace and was shot down by a Soviet military jet over the Barents Sea. (p.179)

補うならこうでしょうか。


バレンツ海上空で


原文にない情報をいろいろ足してるのは結構なんですけれど。



2つめです。


民間のジェット機は、★ トースターと同じくらい信頼に値する。 (p.206)

下線部が★印に入る語句です。


The typical commercial jetliner--at this point in its stage of development--is about as dependable as a toaster. (p.183)

こんなところでしょうか。


開発の成熟度において、現在


トースター並みとはあまりピンと来ない喩えですが、エンジニア語?でいえば、技術的に「枯れている」ということですね。



3つめです。


ラトワッテはアビアンカ航空の事故に詳しく、墜落を招いた主な条件をあげた。 ★ 出発の遅れ。… (p.211)

★印に入る文です。


The nor'easter. (p.187)

試訳です。


東海岸の悪天候。


Dictionary.com を参考にして、northeast storm の意味に取りました。



4つめです。ボーイング707型機の操縦に関してです。


大気中で重い機体を持ち上げる感覚なんだ。 ★ 私がいま飛んでいる飛行機は指先で操作ができる。(p.211)

★印に入る文です。


It's as much physical effort as rowing a boat. (p.187)

試訳です。


ボート漕ぎ並みのしんどさだ。



5つめです。


のちに事故調査委員会は、機長らが、自分たちを ★ 他の飛行機よりも優先させて、着陸させてくれると考えていたにちがいないと推測した。 (p.213)

Investigators later surmised that the Avianca pilots must have assumed that ATC was jumping them to the head of the queue, in front of the dozens of other planes circling Kennedy. (p.189)

そのまま挿入するなら、こんなところでしょうか。


ケネディ空港周辺で空中待機する何十機の


くどくなるのでいらないと言えばいらない気もします。



6つめです。


 以下は、アビアンカ航空〇五二便が ★ 最初の着陸進入に向かうときの、ボイスレコーダーの記録である。 (p.216)

下線部が★印に入る語句です。続けて試訳です。


Here, by contrast, is the transcript from Avianca 052, as the plane is going in for its abortive first landing. (p.192)

失敗に終わった



7つめです。


燃料切れの危機が迫っている。 ★ あとどのぐらい飛んでいられるかわからない。 (p.218)

★印に入る文です。


They have just blown their first shot at a landing. (p.193)

試訳です。


最初の着陸をしくじってしまった。



8つめです。


 だが、アビアンカ航空の事故は非常に奇妙で ★ あり、もっと納得のいく説明が必要だ。 (p.230)

下線部が★印に入る語句です。


But what happened with Avianca was just so strange--so seemingly inexplicable--that it demanded a more complete explanation than simply …. (p.202)

前後を変えずに挿入するなら、こんなところでしょうか。


もっと言えば、一見説明不可能で



9つめです。


明らかに自分より階級の高い相手が姿を表したときには、立ち上がらなければならない。 ★ 社会的な態度や言動はすべて年長や序列で決まる。 (p.245)

★印に入る文です。


, and he cannot pass in front of an obvious social superior. (p.215)

試訳です。


それに、その相手の前を通ることはできない。



10個めです。


 だが、グリーンバーグの改革の重要な部分は、グリーンバーグが「行わなかった」ことにある。 ★ 韓国人のパイロットをクビにして、権力格差の小さな文化で育ったパイロットを代わりに雇い、同社の立て直しを計ったのではない。 (p.250)

★印に入る文です。


He didn't throw up his hands in despair. (p.219)

試訳です。


絶望して両手を上げたのではない。



前後も少し手を入れたいものを、次回に回します。



日本語訳:天才! 成功する人々の法則 原文:Outliers (Amazon.co.jp)


|  訳されていない文、語句 | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE/CONTACT
CATEGORIES
これまでのシリーズ
※それぞれ、第1回目の記事へのリンクです。
シャイン『人を助けるとはどういうことか』(全129回)
Chapter 9(7)|Chapter 8(17)|Chapter 7(17)|Chapter 6(8)|Chapter 5(11)|Chapter 4(17)|Chapter 3(18)|Chapter 2(19)|Chapter 1(8)|まえがき他(1+6)
グラッドウェル『天才!』(全99回)
エピローグ他(6+1)|第九章(3)|第八章(10)|第七章(13)|第六章(7)|第五章(13)|第四章(10)|第三章(4)|第二章(10)|第一章(19)|プロローグ他(1+2)
ライダー/サピーロ『人生に必要な荷物 いらない荷物』(全99回)
エピローグ(11)|第七章(10)|第六章(10)|第五章(9)|第四章(20)|第三章(10)|第二章(8)|第一章(16)|プロローグ他(1+1+3)
クリステンセン『明日は誰のものか』
第1章(16)|用語集(4)|序章(18)|謝辞(8)
ワインバーグ『コンサルタントの秘密』(全90回)
§11-14(20)|§7-10(39)|§4-6(21)|§1-3(10)
マッカーサー「老兵は死なず」(全20回)
学生のためのベンチャー指南(全10回)
オープンソースのライセンスは時代遅れだ(全8回)
画面解像度とページレイアウト(全4回)
プロジェクト計画策定(全3回)
ユーザテストはエンターテイメントではない(全5回)
やさしい機能仕様 パート1(全8回)
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その9)
    KAZ (02/15)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その1)
    (05/10)
  • 大韓航空801便―『天才!』第7章(その1)
    永江聡 (04/26)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    やしろ (04/25)
  • イディオムの幻影―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その15)
    あしるぎ (04/25)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    やしろ (04/24)
  • トイレにスーパーマン―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その12)
    あしるぎ (04/24)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    やしろ (04/23)
  • eventually はcall にかかる―『人を助けるとはどういうことか』Chapter 2(その10)
    あしるぎ (04/23)
  • ワインバーグ『コンサルタントの秘密』§1-3--(その4)
    raycy (03/28)
RECENT TRACKBACK
おことわり
  • トラックバックする際は、送信元に該当記事へのリンクを置いてください。
SELECTED ENTRIES
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・M・ワインバーグ,G.M.ワインバーグ
モバイル
qrcode
ADVERTISEMENTS
無料ブログ作成サービス JUGEM